最新施工事例

2020-06-30 15:26:57

さいたま市南区 アパート塗装工事

5CEF45C6-A0DC-4BDF-A534-3FB1E4E89030.jpeg

7A42C65D-4ADD-4D3C-AA09-57840BFD88C6.jpeg    5CEF45C6-A0DC-4BDF-A534-3FB1E4E89030.jpeg

 

外壁56坪 屋根42坪 エスケー化研 水性セラミシリコン SR412 

 

292DABED-CFB9-4196-92B5-D3B98B1335A4.jpeg 7E8A7721-F2DF-41B0-AF31-8347BA17047F.jpeg

 

バルコニー笠木 手摺付け根あたりにサビがだいぶ出ていました。内壁腐食防止の為、ケレン後シーリング打ち、塗装仕上げ致しました。

5C0A1EAF-CFCF-43D9-B79B-31F0C8B95A92.jpeg

5F816A9C-6C67-435A-86F0-74829C39E0B9.jpeg

11D9C393-02C5-4105-A48B-CD91992BC68C.jpeg

 物干し受けも塗装致します。

2020-06-30 15:01:52

さいたま市南区 屋根外壁塗装工事

ACA70E2A-BED4-4260-8B41-2F33772089CB.jpeg

9BA7BC41-4657-4868-B626-33D255E6B5EE.jpeg   ACA70E2A-BED4-4260-8B41-2F33772089CB.jpeg

 

外壁29坪 水性セラミシリコン SR427 and  ブラウン 

96546E5B-9A32-4024-8395-9B70B53E45A9.jpeg  0D44D7FF-6746-474A-B73B-67ED9AE63626.jpeg

 とても素敵な配色です。

 

 

2020-06-07 17:39:42

さいたま市南区 外壁塗装工事

IMG_7175.jpg

IMG_6528.jpg  IMG_7175.jpg

 ビフォーアフター  外壁材はALCパネル 新築時はリシン吹付けです。塗替え塗料は、エスケー化研 プレミアムシリコン 色番SR405

IMG_6816.jpg  IMG_7176.jpg

 だいぶ雰囲気が変わりました。  

DSCF4011.JPG  DSCF4088.JPG

 樋、シャッターボックスも標準で塗装させて頂きます。

IMG_7045.JPG 

瓦屋根の谷樋も錆止めを塗布後、上塗りです。

IMG_6520.jpg   IMG_7094.jpg 

リシン吹付けは細かく砕いた石や砂に、セメントとアクリルなどの樹脂と顔料を混ぜ合わせた材料を、専用のリシンガンで外壁に吹き付ける表面仕上げです。

ですので、表面がザラザラとした仕上がりになるのも特徴のひとつです。

ザラザラした表面ですのでどうしても汚れも溜まりやすい事もあり、北面側では経年で苔なども付きやすくなりますので劣化をはやめてしまう事があります。

リシン吹付け仕上げは、期待耐用年数は8年くらいと言われています。新築から8年後に塗替えというのはなかなか検討しずらいかも知れませんが、塗替え時は

高耐久な塗料の選択としてラジカル塗料をおすすめ致します。今回はエスケー化研のプレミアムシリコンを選択して頂きました。仕上がりもザラザラ感がやわらぎ

雨水を撥水し汚れも溜まりません。しっかり外壁材を保護致します。

新築時のリシン吹付けで苔やひび割れ、ザラザラ感又は10年以上経っているなど気になっている場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

2020-04-12 16:53:38

さいたま市南区 外壁塗装工事 

DSCF3906-1.jpg

IMG_6156-1.jpg    IMG_7246-1.jpg

ビフォーアフター 外壁材はALCパネルです。塗料はエスケー化研 水性セラミシリコン

色番SR406 

DSCF3887-1.jpg

高圧洗浄で汚れをしっかり洗い流していきます。

DSCF3891.JPG

洗浄した翌日午後には外壁面は乾きましたので、劣化した目地にシーリング工程に入ります。

DSCF3913.JPG    DSCF3924.JPG

目地部位にプライマーを塗布していきます。      プライマー塗布後、シーリング工程です。

IMG_6713-1.jpg   IMG_6720-1.jpg  IMG_6734-1.jpg

外壁面の塗装が仕上がりましたら、附帯箇所に移ります。こちらは雨戸や戸袋の塗装(スプレーガン吹き)

です。

周りに塗装を飛散しないように、しっかり養生していきます。仕上がりは艶が戻り、美しさが蘇りました。

DSCF3895.JPG Adjustments(2)(2).JPG DSCF3982.JPG

外壁塗装する時に、附帯部の雨樋を塗装する事によって、濃淡がはっきりして外壁塗装後の美しさがより増します。

IMG_6135.jpg DSCF3897.JPG

IMG_6786.JPG  DSCF3993.JPG

モルタル床は築年数を重ねていきますと、ひび割れからの雨漏りが1階の部屋に出てくる事がありますので、安心の為、ウレタン防水工事を行いました。

IMG_6745-1.jpg IMG_6747-1.jpg IMG_6749-1.jpg

棟瓦を押さえている釘が左側写真のように、抜けかかっている状況が大屋根も下屋根も多く見られましたので、全ての釘を

写真右側の瓦用Wパッキンビス(左側は抜けかかっていた釘です)に交換させて頂きました。昨今の超大型台風で棟瓦が

飛ばされる事がたまにニュースにでますが、色々な原因があると思います。このような抜けかかってしっかり固定されてない

棟瓦に強風に煽られてしまうことも原因のひとつだと思います。

今回大屋根も下屋根の棟瓦全てビス止めでしっかり固定しましたので安心です。

 

2020-03-29 15:02:32

さいたま市見沼区 屋根外壁塗装工事

DSCF3811-1.jpg

InkedDSCF3781-1_LI.jpg InkedIMG_6588_LI.jpg

ビフォーアフター(1階SR412 2階SR405)

エスケー化研 水性セラミシリコン

DSCF3785.JPG 

シーリングがこのように劣化によるヒビ割れ、収縮している状態は撤去し、新規にシーリングを打っていきます。

DSCF3812.JPG

シーリングを撤去していきます。

DSCF3805.JPG 

塗装面が劣化していきますと、雨水などが弾かず外壁面に染みて、藻などの汚れが目立っていきます。

DSCF3807.JPG

そのような汚れを高圧洗浄でしっかり落としていきます。

DSCF3860.JPG

しっかりと高耐久な塗料で保護しましたので、雨水も弾き汚れなども雨水で洗い流します。

DSCF3798.JPG 

ビフォー

DSCF3871.JPG

アフター

DSCF3797.JPG 

ビフォー

DSCF3869.JPG

アフター